2008年07月21日

グリーグ:叙情小曲集第1集op.12 より「アリエッタ」

グリーグ(E.Grieg):抒情小曲集 第1集 op.12(Lyric Pieces Book.1 op.12)
第1曲:アリエッタ(Arietta)op.12-1


 グリーグが生涯書き続けたピアノ曲集「抒情小曲集」の一番最初の曲です。
 「アリエッタ」=小さなアリアというタイトルの通り、23小節、演奏時間1分弱のとても短い曲です。しかし、そのさりげなく、ささやかな作品の中にはそれ以上の美しさと演奏上の難しさが詰まっていると感じています。


・伴奏だけmp3を作ってみた。

 シューマン「見知らぬ国々」と同じように、3つのパートに分かれるこの曲。伴奏がよくわからなかったので、mp3を作ってみた。ご自由にお使いください。

・伴奏だけ練習

 上のmp3を参考に、伴奏だけ練習。しかし、なかなかアルトパートがつかめません。

 この後、両手での練習も始めるのですが、なかなか進まない(サボっていたという理由もあり)。特に指使い。ぎりぎり届く8度に苦しんだり、ややこしい指使いをなかなか覚えられなかったり。そのあたりの練習記録はこちら。
サボりのツケは恐ろしい(2008.3.20)
続・サボりのツケは恐ろしい(2008.4.14)
「気がかり」うんざり(2008.4.24)


・全パート12小節目まで

 3つのパートをあわせられるようになってきたので、合わせて弾いてみた。しかし、まだ音と指使いが覚えられておらず、曲の流れもブツ切れのため、12小節目まででダウン。23小節しかないはずなのに、何故こんなに覚えられないのだろう…。特に苦戦しているのが7小節目あたり。右手がいっぱいいっぱいです。
音から情景を描け(2008.5.16)


・第1回録音 2008年5月録音

3つのパートを合わせて、通してようやく弾けるようになりました。しかし、右手がいっぱいいっぱいの7小節目、指使いがややこしくなる17〜19小節目に苦戦。ペダルを入れると音が濁ってしまうので、ペダルは入れていません。ペダル無しでもこの曲の優しさ。柔らかさを出せるようにしないと。

・第2回録音

・第3回録音

どちらも2008年7月録音。
自分用に録音したり、動画を撮ってみたりして反復練習。ようやくメロディーを歌うことを意識できるようになってきました。メロディーやアルトの「動く」部分、バスや10小節目、12小節目の和音など沈んで落ち着く部分。これらの対比を出したいと考え始めた。
 もう一つ、曲の流れの中での「呼吸」。歌と同じで、この曲は「呼吸」する、息継ぎもポイントになるのではないかと。メロディーとメロディー、小節と小節の「間」も大事。テンポの揺らし方を、CDや動画サイトの演奏を幾つも聴きながら検討。
・このころの練習記録:静と動の「アリエッタ」(2008.7.14)

・完結編

 練習開始から8ヶ月。ようやくこの曲を仕上げることが出来ました。この録音の時、ピアノはスタインウェイのフルコンサートピアノを使うことが出来たのですが、ピアノの優しい、柔らかい音色がこの曲にぴったりで、気持ちよく演奏することが出来ました。
 演奏に関して、もっとこうしたい、ああしたいと思うことはあります。アルト部分をもっと柔らかく、優しくおとなしく弾けないかとか、もっとテンポを揺らしてもよかった等々。反省はいくらでも出てきます。ただ、私にとって、この曲を演奏するのはこれが最後ではない。ここからがスタートだと思う。演奏1回1回ごとに積み重ねていけたら。完全に満足できなくても、ひとつでもよかったと思う演奏をしていけたら。そう感じました。
・この時の録音に関して詳しくは:アリエッタ完結編(2008.7.22)

動画もあります
Grieg:Lyric Pieces "arietta" op.12-1


posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

クリーガー:メヌエット

クリーガー(Johann Philipp Krieger):メヌエット

 子どもの頃、ピアノ教室で弾いたことがある曲。シンプルで、もの悲しいイ短調のメロディーに、惹かれていました。懐かしいので弾いてみました。

・第1回録音 2008年6月



ver.1の2つの録音には、1箇所音が抜けているところがあります。

・第2回録音 2008年6月

ver.2が完全な録音です。
posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バロック音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

ブルクミュラー25の練習曲 22:舟歌(バルカロール)

ブルグミュラー(F.Burgmüller):「25の練習曲」op.100 より
第22曲「舟歌(バルカロール)」 op.100-22


 曲と曲の情景の流れ、立体感、歌うことに重点を置いて練習。ゆったりのんびりとした雰囲気を出したかったので、楽譜の指定速度よりも遅めです。

 ペダルによる左手伴奏の伸ばし方・質感・広がりをどうするかで結構悩みました。録音を重ねた末、開き直って歌うことに集中。それがver.4の完成版です。
 難しいけど、「歌う」たのしさを実感できた曲です。

・第1回録音ペダルなし 2008年5月

・ペダルあり

・譜読み間違い修正途中まで

 以上3つの録音には、譜読み間違いがあります。すみません。

・第2回録音 2008年6月


・第3回録音


・第4回録音 完成版

posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルクミュラー25の練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

ブルクミュラー25の練習曲 18:気がかり(心配)

ブルグミュラー(F.Burgmüller):「25の練習曲」op.100 より
第18曲「気がかり(心配)」 op.100-18


 曲の雰囲気は好きなのですが、弾いても弾いても様にならない。緊張感のある、ピンと張り詰めた演奏を目指してはみたのだが…。参りました。最後のどんどん音が下がるあたりはとても好きなんですが…。

・第1回録音 2008年3月


・第2回録音 2008年4月

 テンポを上げたはいいが、音が抜けてます…。

・第3回録音

 テンポを上げて、音も抜けないようにがんばった!
posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルクミュラー25の練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

ブルクミュラー25の練習曲 21:天使の合唱

ブルグミュラー(F.Burgmüller):「25の練習曲」op.100 より
第21曲「天使の合唱」 op.100-21


 練習を始めてから好きになった曲。アルペジオや音、曲全体の「流れ」「空気感」に重点を置いて練習。11小節目あたりからの曲調ががらりと変わる部分が好きです。

・第1回録音 2008年2月(譜読み間違いあり)


・第2回録音


・第3回録音 2008年3月録音

posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルクミュラー25の練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

web拍手メッセージお返事 2007

web拍手でいただいたメッセージへのお返事、2007年分です。


2007.12.24
>あさのさん
あさのさんですよね?お返事が遅れて申し訳ありません。発売日翌日に、大きな本屋に行ったらありました。祝日に被ると発売日が遅れると思っていたのですが、影響がない本屋もあるみたいです。またここで買います(笑


2007.12.14
>ジャスミンさん
いつもありがとうございます。どうぞ、メロンパン食べちゃってくださいwメロンパン食べて、元気になってくださいね!


2007.12.11
>アリエッタさん
はじめまして。ご来訪&拍手ありがとうございます。「アリエッタ」って、曲もタイトルも可愛らしくて素敵ですよね。アリエッタ=小さなアリア。グリーグの等身大の歌に聞こえます。こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。見た目以上に難しく味わい深い曲ですが、これから練習がんばります(`・ ω・´)


2007.12.10
>いつも読んでくださっている方
どうもありがとうございます。ご愛読してくださっているとのことで、とても嬉しいです。気の向くまま暴走(?)することも多々ありますが、楽しんでいただけて嬉しいです。こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。


2007.11.27
>はやぶさ「祈り」の方
こちらこそありがとうございます。読んでいただいてとても嬉しいです。本当に素晴らしい、ドキュメントと音楽と科学が融合した作品に仕上がっていて、私も嬉しいです。いち宇宙好きとして、「はやぶさ」サポーターとして、「はやぶさ」のことを知らない方にも知ってもらえたら、そして一緒に応援できたらと思います。どうもありがとうございます。


2007.11.15
>「かぐや」特番の方
民放のバラエティ番組のように、「かぐや」の成果を扱っている部分、どうにかならないものでしょうかね。いい意味での「NHKらしさ」をストレートに出した方が、私は好きです。一般受けはどうだか知りませんが…。


2007.11.11
>行ってみなきゃ分からないこと、いっぱいありますね。だから行ってみたい!そうですね。遠くから見ているだけじゃわからないことっていっぱいありますものね。例えば、宇宙には簡単には行けませんが…、行けるところであれば行って、自分の目で確かめてみたいと思います。

>ダヤンのスケッチ紀行の方
ありがとうございます。児童文学雑誌「MOE」で以前特集していたので、知ってはいました。見かけたら読んでみますね。


2007.11.9
>ホームズ彗星の方
ホームズ彗星、結局観れませんでした…。雲の関係で。残念です。しかし、何故いきなりこんなバーストしたのか不思議ですね。その辺の解明が今回の件で進むといいですね。


2007.11.6
>ジャスミンさん
いえいえ、お忙しいところありがとうございます。いつでも、ゆっくり遊びに来てくださいね。

>トップ画像の方
どうもありがとうございます。以前山梨へ旅行に行った時に撮った写真です。飛行機雲を見るのは大好きです。


2007.11.3
>ジャスミンさん
早速ありがとうございます。喜んでいただけて嬉しいです。
posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| web拍手お返事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

ブルクミュラー25の練習曲 20:タランテラ

ブルグミュラー(F.Burgmüller):「25の練習曲」op.100 より
第20曲「タランテラ」 op.100-20

 ブルグ25の中で最も好きな、憧れの曲です。
・メインブログ:憧れのタランテラへ
 ↑この記事でも書いたのですが、毒蜘蛛の毒にやられて狂ったように演奏する。ならば、徹底的に狂ってやろうじゃないの。そんな気持ちで練習に臨みました。

練習記録記事:吃音タランテラ

・第1回録音 2007年10月

*1箇所譜読み間違いがあります。
 まだまだ"優等生"的演奏に感じます。この時はまだ危なっかしい演奏だったので、表現よりも確実に曲を弾くことを目的としていたので仕方ないが、これじゃ狂ってない。もっと狂って、苦しみを出してみたい。発狂した演奏…デタラメとは違う、狂気。…難しそう、でも、面白そう!挑戦意欲が湧いてきた。

・第2回録音 2007年12月

 あの速いテンポについていけるようになってきてはいる。しかし、ちょっと調子に乗って速く弾くとたちまち玉砕。第1主題メロディー「ラソファファミレ」の部分。「ラソファ・ファミレ」とブツ切れになってる。もっとスラーで流れるようにならないものか。どうも1の指(親指)から3の指(中指)にかえるのが苦手。左手も同じく。なので、冒頭の「レミファファソララソファファミレ」は左手のことを考えてあまり速く出来ない。もっと滑らかに指を動かせるようになりたい。

・第3回録音 2007年12月


その2


 この曲の練習を始める時、「毒に苦しむように、思い切り狂って」演奏しようと思っていた。でも、実際苦しんで発狂したのは私自身だった。「タランテラ」の猛毒に、私自身がやられてしまっていた。曲そのものに苦しむことと、「苦しんでいる・狂っている」曲想を伝えること。それでいいとも思うし、ちょっと違うなとも思う。曲に没頭してしまって、自分も苦しむことが出来たのはいい経験だとと思う。しかし、もっと客観的になって演奏するべきとも思う。どっちなんだろう?どっちが正解とは言えないだろう。でも、私の答えをまだつかめない。
posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルクミュラー25の練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。