2009年08月09日

ブルクミュラー25の練習曲 6:進歩

ブルグミュラー(F.Burgmüller):「25の練習曲」op.100 より
第6曲「進歩」 op.100-6


 スケールの練習曲。でも、スケールだけでなく後半の不思議な両手での追いかけっこも面白い。この曲をCDで聴いたり、弾いてみて小さな兵隊さんの行進をイメージした。兵隊さんごっこをしている子どもたち。全音の楽譜では「進歩」と訳されていたのに対して、音友の楽譜は「前進」。そこからもイメージしました。

・2009年8月録音


 後半部分の左右の追いかけっこが本当に楽しい。イメージを持つのもいいが、この追いかけっことその音の響きを純粋に楽しむ、それだけでもいいと感じてもいます。
posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルクミュラー25の練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

ブルクミュラー25の練習曲 25:貴婦人の乗馬

ブルグミュラー(F.Burgmüller):「25の練習曲」op.100 より
第25曲「貴婦人の乗馬」 op.100-25


 ついに最後、25曲目。「貴婦人の乗馬」です。この曲もNHK教育「クインテット」のコンサートで演奏され、演奏したい、目標としていた曲。ブルグ25の最後、気合が入ります。

 当初、目標は颯爽とりりしく、優雅な貴婦人のイメージでした。しかし、演奏するうちに馬に乗って森や丘陵地をのんびりピクニックしているような情景がイメージできたので、そのイメージで演奏しました。指定速度よりも少し遅めです。音域の広さとスケールの多さに苦戦しましたが、練習していてとても楽しかったです。

・第1回録音 2009年5月

 33小節目から苦戦してます。

・第2回録音 2009年6月

 テンポを上げてきました。

・第3回録音

 テンポを落として、のんびりしているけど軽快さを出そうと演奏。途中でコケてる…。

・第4回録音(完成版)

 テンポを上げないと、凛としている感じにも聴こえます。

・完成後のブログ記事:のんびりピクニック「貴婦人の乗馬」(2009.6.9)
posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルクミュラー25の練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

ブルクミュラー25の練習曲 5:無邪気

ブルグミュラー(F.Burgmüller):「25の練習曲」op.100 より
第5曲「無邪気」 op.100-5


 スケールの練習曲。スケールを滑らかに演奏することもそうだが、後半の飛び跳ねるようなスタッカートがベタベタになって、非常に野暮ったい。初めて演奏した時はそんなに難しい曲だとは思わなかったのだが、おさらいで苦戦しました。
 何度も練習していて、この作品はヴァイオリンなどの弦楽器の響きだなと感じた。メロディーはヴァイオリン。伴奏はヴィオラやチェロ。弦楽四重奏?そんな感じで弾いてみた。

・2009年4月録音

 やっぱりスケールがはっきりきれいに揃っていないなぁ。練習前にこの曲で準備運動をするのもいいかもしれない。
posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルクミュラー25の練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

ブルクミュラー25の練習曲 24:つばめ

ブルグミュラー(F.Burgmüller):「25の練習曲」op.100 より
第24曲「つばめ」 op.100-24


 練習初期はテンポは絶対にあげず、曲の流れと音のつながり、響きを確かめながらゆっくりと。楽譜を見た際弾けるかどうか不安でしたが、練習していると結構楽しいと感じました。手の交差もオモシロイ。ふわりと軽く柔らかく、颯爽とした響きの豊かな演奏を目指してみた。春風に乗って颯爽と空をすべる、つばめのイメージです。

・第1回録音(ゆっくり練習) 2008年12月


・第2回録音 2009年2月


・第3回録音 2009年3月


・第4回録音(完成版)


 関連ブログ記事
「つばめ」を読み解いてみる(2009.2.9)
音色の響きの「つばめ」 (2009.2.17)
posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルクミュラー25の練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルクミュラー25の練習曲 3:パストラル(牧歌)

ブルグミュラー(F.Burgmüller):「25の練習曲」op.100 より
第3曲「パストラル(牧歌)」 op.100-3


2008年12月録音。

*9〜10小節目の左手がオクターブ低くなってます。楽譜を読み間違えた…。

2009年1月録音。


 のんびり、朗らかな雰囲気がとても好きな曲です。演奏していると、牧場で木管楽器を演奏しているような、またはそれに合わせて歌を歌っているような、そんなのびのびした気持ちになります。


 演奏動画もあります。
YouTube:Burgmüller:La pastorale


posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルクミュラー25の練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

ブルクミュラー25の練習曲 1:すなおな心

ブルグミュラー(F.Burgmüller):「25の練習曲」op.100 より
第1曲「すなおな心」 op.100-1


2008年11月録音。




 「ブルクミュラー25の練習曲」の最初の曲。ブルグミュラーを始め、最初弾いた時は曲想がつかめず、退屈な曲だと感じていた。この演奏はおさらいで練習し直し、録音したのですが、久々にやってみて、素直に好きな曲だと感じました。息の長いスラーで、優しさと柔らかさを出したい。
posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルクミュラー25の練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

ブルクミュラー25の練習曲 23:再会(帰途)

ブルグミュラー(F.Burgmüller):「25の練習曲」op.100 より
第23曲「再会(帰途)」 op.100-23


 NHK教育「クインテット」のコンサート(「スティリアの女」と一緒に)で演奏され、演奏したいと思っていた曲です。しかし、難曲だった。「せきれい」以上に難しいと感じた曲。弱音での同音連打、速いテンポ、強弱の幅の広さ、スタッカート…課題点ばかりで、なかなか完成できませんでした。指定テンポで演奏すると非常に雑になるため(ver.3がそれ)、テンポを落としてでもこの曲の魅力(軽快さ、ダイナミックさ、中間部の低音メロディー)をしっかりと表現できるように演奏しようと方向転換。
 指定テンポと自分が今持つ技術の間で、どう演奏するかについて考えさせられた曲です。

 苦戦していたあたりのブログ記事は以下。
ブルグミュラーの困難を楽しめ(2008.8.27)
諦められない、諦めたくない(2008.10.3)
終われない、先に進めない(2008.10.19)
ブルグミュラー「帰途」から学んだこと(2008.10.31)

・第1回録音 2008年8月


・第2回録音 2008年10月


・第3回録音(苦戦中)


・第4回録音(一から出直しスローテンポ)


・第5回録音(1)完成版

・もう1回

posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルクミュラー25の練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

ブルクミュラー25の練習曲 22:舟歌(バルカロール)

ブルグミュラー(F.Burgmüller):「25の練習曲」op.100 より
第22曲「舟歌(バルカロール)」 op.100-22


 曲と曲の情景の流れ、立体感、歌うことに重点を置いて練習。ゆったりのんびりとした雰囲気を出したかったので、楽譜の指定速度よりも遅めです。

 ペダルによる左手伴奏の伸ばし方・質感・広がりをどうするかで結構悩みました。録音を重ねた末、開き直って歌うことに集中。それがver.4の完成版です。
 難しいけど、「歌う」たのしさを実感できた曲です。

・第1回録音ペダルなし 2008年5月

・ペダルあり

・譜読み間違い修正途中まで

 以上3つの録音には、譜読み間違いがあります。すみません。

・第2回録音 2008年6月


・第3回録音


・第4回録音 完成版

posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルクミュラー25の練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

ブルクミュラー25の練習曲 18:気がかり(心配)

ブルグミュラー(F.Burgmüller):「25の練習曲」op.100 より
第18曲「気がかり(心配)」 op.100-18


 曲の雰囲気は好きなのですが、弾いても弾いても様にならない。緊張感のある、ピンと張り詰めた演奏を目指してはみたのだが…。参りました。最後のどんどん音が下がるあたりはとても好きなんですが…。

・第1回録音 2008年3月


・第2回録音 2008年4月

 テンポを上げたはいいが、音が抜けてます…。

・第3回録音

 テンポを上げて、音も抜けないようにがんばった!
posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルクミュラー25の練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。