2007年11月17日

シベリウス:即興曲op.5-6

シベリウス(J.Sibelius):「5つの即興曲」op.5 より第6曲

 私がとにかく大好きな作曲家、シベリウスの作品です。今はまだどれもレベルが高く弾けないものばかりですが弾きたい曲はいっぱい。シベリウスと言えば交響曲や管弦楽曲ですが、素朴で肩の力が抜けたシベリウスのピアノ曲もまた格別です。

 この「即興曲」op.5-6は、シベリウス若き日の作品。あまり有名な曲ではありませんが(第5曲op.5-5はよく演奏もされます)、気取らずカッコつけず、のびのびと心から歌うようなメロディーがとても素敵な曲です。ホ長調で始まり、ホ短調で終わる不思議な曲でもあります。

 練習を開始し、譜読みの段階で問題発生。私が入手した楽譜(日本版が無いので輸入楽譜を初めて注文)には、指番号が一切書かれていない。さらに、21小節目あたりから9度の和音が登場。8度でも指はぎりぎりなのに、9度なんて届きません。
◇そのあたりの練習記録
私自身が「小さな嘆き」(2007.4.9)
シベリウスへの長い道(2007.5.2)
9度の壁、壊れたり。(2007.5.11)


・試しに前半部分だけ 2007年7月録音。

 前半部分だけ、両手で演奏してみました。前半部分だけでも難しい。怪しい部分になると、速度がゆっくりになり、力も入ってしまいます。

・第1回録音 ベーゼンドルファー編 2007年7月録音。

 第1回録音。ぎこちない演奏で申し訳ございません…。しかも、ベーゼンドルファーのフルコンサートグランドで弾きました。ベーゼンドルファーの無駄遣いです(苦笑w
この頃、どう練習していいかに悩む。片手だけ弾けても、両手になると一気にダメになる。両手で慣れさせることが大事だとひたすら反復練習。
・前半部分の苦手箇所:手まり歌と「おしゃべりさん」(2007.6.23)
・後半部分の苦手箇所:癒され系とは名ばかり…「アヴェ・マリア」(2007.7.11)
 さらに、どう表現したらいいかもわからなくなる。指を動かすだけで精一杯だったせいだろう。CDを聴きまくってイメージをつけていたのもこの頃。


・第2回録音

 9月の第2回録音。かなりまともになりましたが、苦手な部分がはっきりと分かる状態です。特に保持音と弱音でのスラーに苦戦。まだまだ…。
・この頃の練習記録:吃音タランテラ(2007.9.19)
 肩の力の抜けた、リラックスした演奏をしたいのに、緊張してしまってうまくいきません。


・第3回録音 完成版 2007年11月録音。

 完成版録音です。歌うこと、左手伴奏を抑えて右手メロディーを強調させることに関してはまだまだ未熟な部分がありますが、苦手部分も克服できました。この曲を通して、ピアノに関すること・音楽に関することについて悩み、考え、演奏でその答えを出すことが出来たと思っています。シベリウス没後50年の節目の年にこの曲をレパートリーにすることが出来て、本当に嬉しいです。
・この時のブログ記事:シベリウス「即興曲op.5-6」完成版できました。(2007.11.22)


 今後もシベリウスのピアノ作品を演奏したいです。まず、「樅の木」(5つの小品《樹の組曲》op.75-5)。シベリウスのピアノ曲では一番有名なあの曲。アルペジオ地獄が最大の難関。
「アンダンテ・フェスティーヴォ」。弦楽合奏の同名曲をピアノ編曲したもの。天に祈るようなとても感動的な、シベリウスの隠れた名曲です。和音がきつそう。
「フィンランディア賛歌」。交響詩「フィンランディア」の中間部分。いいピアノ編曲が無いか楽譜を捜索中。自分でアレンジするか…?
posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シベリウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。