2009年02月25日

テレマン:ジグ

テレマン(G.P.Telemann):ジグ

 「プレ・インベンション」より第13曲。テレマン作品は、木管楽器をイメージします。元々テレマン作品は、木管によるものが多い。フルートがメロディーで、左手部分はファゴットやチェンバロ。テレマンの時代に流行した"トリオ・ソナタ"風かもしれない。トリオ・ソナタは、2つの旋律楽器と1つの通奏低音で編成されているが、テレマンの作品には旋律楽器+チェンバロ+通奏低音という編成もあったという。

・ver.1 2009年2月録音


・ver.2 2009年3月録音


スタッカート部分は軽快に、でもテヌート部分は落ち着いて。その2面性に苦労しました。


posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バロック音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。