2007年03月12日

ブルクミュラー25の練習曲 16:小さな嘆き(甘い嘆き)

ブルグミュラー(F.Burgmüller):「25の練習曲」op.100 より
第16曲「小さな嘆き(甘い嘆き)」 op.100-16


 短調作品好きによる「一人で勝手にブルグミュラー短調キャンペーン」第3弾。ため息をつくようなもの哀しい曲調が非常に気に入っている作品です。

・第1回録音。とりあえず練習。2007年3月

 途中演奏が止まります。コケてます。音をしっかり把握したいのでペダル無し。

・第1.5回録音。2007年3月。

練習経過。ペダルも付けた。

・第2回録音。2007年4月録音。

ペダルも付けました。が、後半何度も滑っています。特に最後の小節。指が回っていない。テンポも速くなってしまっている。

・第3回録音。2007年5月録音。

ベーゼンドルファーのフルコンサートグランドピアノを使用。ベーゼンドルファーのコロコロと転がる高音の響きは、演奏していて気持ちよかったです。今までで一番「弾けた!」と手ごたえを感じた演奏です。(自画自賛w)

 ちなみに、この「小さな嘆き(甘い嘆き)」は本当に"小さな"嘆きを表現した作品なのか考えてみた。
「小さな嘆き」の嘆きは本当に小さいのか(メインブログの記事です)
 本当は深いかなしみで最初は抑えているけれども、後半、抑えきれず氾濫しそうになる。でも、またグッと我慢している。そんな"嘆き"だと読みました。そう考えると、「甘い嘆き」という訳の方が合っているかもしれない。静かな、内省的なところが「甘い」という表現に合っている。
posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルクミュラー25の練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180622762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。