2006年11月26日

シューマン:子供の情景 1:見知らぬ国々と人々op.15-1

シューマン(Robert Schumann):「子供の情景」op.15より
第1曲「見知らぬ国々と人々」
Kinderszenen Op.15:1 "Von fremden Landern und Menchen"


 シューマンの代表作「子供の情景」より、1曲目の「見知らぬ国々」です。シューマン作品の中でも特に好きな作品のひとつです。また、メインブログのブログタイトルは、この「見知らぬ国々」に由来しています。思い入れの強い作品のひとつです。

 この作品は3声に分かれている作品。初めて取り組む3声の作品(「楽しき農夫」も一部3声のところがあります。子ども向けの初級作品に、平気で3声を取り入れるとは…恐るべしシューマン!!)。右手がメロディー、左手が伴奏とはっきり分けることができない。ここにまず苦労しました。
 ということで、3つのパートをパートごとに分けて練習。
・バス&アルトの伴奏パートを練習。繰り返しはカット。2006年11月録音。


・全パートを合わせて。ただし、第1主題の部分だけ。かなり危なっかしい…。2006年12月録音。


・第2主題も全パートを合わせて、ペダル無しで練習。音がバラバラ…orz 2006年12月録音。

3つのパートからなる曲は、例えば右手でも強く弾く指と弱く弾く指に分けなければならない。また、ペダルのつけ方によっても、音が濁ってしまう。第1主題の「シーソーファーミレー」の「ファーミレー」が装飾符のように聞こえてしまっている。「ミ」の音をしっかりと保って出せていない。苦戦してます。

・指定速度に近い速さで、ペダルもつけてみた。第1回録音。2007年1月録音。

 速さに追いつけず事故多発・自爆してしまっている残念な演奏です。「ファーミレー」の装飾符のように聞こえる問題も、未だ克服できず。ペダルも難しいなぁ。

・スタインウェイのフルコンサートグランドで弾いてみた。第2回録音。2007年1月録音。

ホールでひとり、スタインウェイの音色にうっとりしていました。でも、演奏は…音が抜けていたり、浮いていたり。まだバラバラ。ピアノに助けられている気がします。


・第3回録音。とりあえず完成(?) 2007年2月録音。

 冒頭の「シ」の音がはっきり出せていない…。完成させたものの、まだまだ終われない。


・ピアノを久々に調律した記念に弾いてみた。2007年6月録音。

 テンポが少し速めだった。でも、第3回録音よりは曲全体のまとまりや、ひとつひとつの音をはっきりと、且つ柔らかく出せていると思う。何度も演奏して、さらに上を目指す。演奏にゴールはない。


・演奏動画を撮影してみた。2009年4月撮影。
YouTube:Schumann:Von fremden Ländern und Menschen op.15-1



 カメラのマイクのせいか、音はあまりよくありません。反省点がまだまだいっぱいあります。


posted by 遼(halca-kaukana) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。